保育の仕事を目指す|人気の子供シューズを探すなら【子育てママ応援宣言!】

社会人経験後、大学に通って保育士を目指す人が増えた事情

道は一つではない

大学に通う学生は、年齢や国籍、性別などバラバラです。入学するタイミングは、個人の事情によって変わってくるため、幅広い世代の学生が勉強しています。結婚、出産を経て学び直す女性もいれば、社会人経験を積んで新しい分野にチャレンジする高齢者もいます。

入試方法

一般入試

通常の入試方法です。筆記試験や面接などで合否が決まります。

推薦入試

指定高校の校長が推薦する志願者が対象となる入試で、面接や書類審査があります。

AO入試

条件に合う志願者が対象で、面談と書類審査によって合否が決まります。

社会人特別入試

社会人の志願者が対象で、試験の成績が優秀であれば、学費の免除といった特典があります。

保育の仕事を目指す

女性と子供

保育への情熱

保育士の仕事に就くために学校に通う人はたくさんいます。専門学校や短期大学であれば、2年間で実践的な学びを得ることができるでしょう。資格を取得することはもちろん可能です。4年制の大学で学べばより深い専門的な保育の知識を身につけることができます。最近では、高校生だけではなく社会人が入試に挑むケースも増えています。子育てを経た人が、改めて保育士を目指すようなことも多いです。

オープンキャンパスへ

保育科のある大学はいろいろとあります。受験する前にまずはオープンキャンパスへ足を運んで雰囲気をチェックして検討していきましょう。

サポート力

学校によっては、就職や資格取得に関するさまざまなサポートに力を入れているといいます。実際に通っている在学生や、卒業生の声を聞いて、どのようなサポートを受けられるかをリサーチするといいです。そうすれば、学校選びもスムーズになるといえます。